コロナウイルスの 病気(びょうき)に ならないために

あたらしい コロナウイルスの 病気びょうきに ならない ためには、「せっけんで を あらう こと/アルコールで や ゆびを 消毒しょうどくする こと」 「ひとの おおい 場所ばしょを かない こと」「健康けんこうに をつけた 食事しょくじを する こと/ よく る こと」などの、病気びょうきに うつらない ための 注意ちゅういを わすれずに することが 大切たいせつです。毎日まいにち を つける こととして、政府せいふ自治体じちたい公的機関こうてききかん病院びょういん学校がっこうなど)が おすすめしている ことは だいたい 以下いかの 3つに けられます。

1. を あらう/せきエチケット

(出処:首相官邸「感染症対策」

【せっけんで を あらいましょう】

ただしい の あらかたで、を しっかり あらって ください。

を よく かわかした あとで、や ゆびを 消毒しょうどくする ための アルコールで 消毒しょうどくしましょう。

せきエチケットを まもりましょう】

  せきや くしゃみには ウイルスが いる かもしれません。

 ほかの ひとに 病気びょうきを うつさない ために 「せきエチケット」を しっかり まもって ください。

1. せきや くしゃみが ある ときは マスクを します。

2. せきや くしゃみを する ときは くちと はなを マスクで おおいます。マスクが ない ときは ティッシュや ふくの そでなどで おおいます。

3. せきや くしゃみを する ときは ちかくに いる ひとと 反対はんたいの 方向ほうこうを いて します。

【マスクは ただしく つけましょう】

1. マスクで はなや くちの 両方りょうほうを かならず おおいましょう

2. マスクに ついている ゴムひもを みみにかけます。

3. かおと マスクの あいだに 隙間すきまものと ものの あいている ところ)を つくりません。

2. “3みつ”を ける

 普段ふだんの 生活せいかつで クラスター(cluster・集団しゅうだん)が できない ように しましょう。つぎの 3つのことが 同時どうじに こらない ように する ことが 必要ひつようです。

1. 部屋へやの 空気くうきが いれかわらない 場所ばしょ

2. ひとが たくさん いる 場所ばしょ

3. ひとと ちかくで はなす こと

 したに いてある 場所ばしょを て ください。たくさんの ひとが コロナウイルスの 病気びょうきに なった 場所ばしょです。

・バー

・ナイトクラブ

・カラオケ

・ライブハウス

・スポーツジム

合唱団がっしょうだん(みんなで うたう グループ)

これらの 場所ばしょで なくても、ひとが たくさん いる 場所ばしょや、部屋へやの なかで ほかの ひととの 距離きょりを けられない 場所ばしょには かないで ください。自分じぶんだけでは なく、ほかの ひとが 病気びょうきに なることを ふせぎます。 移動いどうに ついても、コロナウイルスの 病気びょうきが はやっている 地域ちいきから ほかの 地域ちいきに く ことや、コロナウイルスの 病気びょうきが はやっている 地域ちいきに くことは やめましょう。帰省きせいや 旅行りょこうも なるべく やめましょう。また コロナウイルスの 病気びょうきに なった ときの ために、だれと どこで ったか メモをして おくことや、どこで どのくらい コロナウイルスの 病気びょうきが はやっているかを 確認かくにんする ことも 大切たいせつです。

3. ものに を つける/たくさん 

 栄養えいようの バランスの とれた 食事しょくじを とる ことと、よく て できるだけ おなじ リズムで 生活せいかつする ことは、からだを まもります。世界保健機関せかいほけんきかん(WHO)に よると、毎日まいにちの 食事しょくじでは、とくに したの ことが 大事だいじだ そうです。

新鮮しんせんな ものを べる

十分じゅうぶんに みずを 

脂肪しぼう(あぶら)は たくさん べない。

しおや 砂糖さとうは なるべく べない

・レストランで 食事しょくじを しない(たくさんの ひとに わない ため)

を あらったり 消毒しょうどくしたり すること、せきエチケットを まもる こと、ひとの おおい 場所ばしょに かない などの 方法ほうほうと あわせて を つけましょう。

これまでに 説明せつめいした、病気びょうきに かからない ための 方法ほうほうの ほかに、厚生労働省こうせいろうどうしょう(Ministry of Health, Labor and Welfare)が 発表はっぴょうした、「あたらしい 生活様式せいかつようしき生活せいかつすたいる)」の れいを 紹介しょうかいします。

1.普段ふだんの 生活せいかつを するための 基本的きほんてきな スタイル

普段ふだんの 生活せいかつでは、つぎの ことを こころがけましょう。

  • たくさん を あらったり、や ゆびの 消毒しょうどくを する
  • 「3みつ」をける

みつとは、密集みっしゅうひとが たくさん あつまること)、密接みっせつひとの ちかくに くこと)、密閉みっぺい場所ばしょを めきる こと、まどや とびらが まって います)の、3つの ことを います。

  • せきエチケットを かならず まも
  • できるだけ まどや とびらを ける、空気くうきを える
  • ひととの 距離きょりを ける
  • 毎朝まいあさねつが ないか、元気げんきか どうかを たしかめる。 
  • なるべく かけない

もし ねつが あったり 風邪かぜの 症状しょうじょうが ある ときは、無理むりを しないで いえで やすみましょう。

2.普段ふだんの 生活せいかつの 場面ばめんごとの スタイル

したに いてある ように、それぞれの 場面ばめんで を つけなければ いけない ことが あります。

もの

  • 通信販売つうしんはんばい(インターネットショッピングなど)も 使つかいましょう
  • ひとりか すくない 人数にんずうで いている 時間じかんに きましょう
  • 電子決済でんしけっさい(クレジットカードや、電子でんしマネー)を 使つかいましょう
  • 計画けいかくを てて はやく ものを えましょう
  • できるだけ 見本みほん(サンプル)など 展示品てんじひんに さわるのを やめましょう
  • レジに ならぶ ときは、まえと うしろに あいだを けましょう

電車でんしゃや バスを 使つかう とき

  • できるだけ ひとと はなすのを やめましょう
  • できるだけ んでいる 時間じかんに るのを やめましょう
  • 電車でんしゃや バスの わりに、あるいたり 自転車じてんしゃに るのは よい ことです

食事しょくじ

  • かえりや 出前でまえ、デリバリー(delivery)も 使つかいましょう
  • そとで べるのも いいです
  • おおきな おさらに ほかの ひとの 料理りょうりを いっしょに るのは やめましょう
  • すわる ときは 対面たいめんよりも よこに ならぶのが いいです
  • 集中しゅうちゅうして 料理りょうりを あじわいましょう、おしゃべりは なるべく しないで ください
  • ほかの ひとに ものを いだり、ほかの コップや グラスから ものを むのは やめましょう

娯楽ごらく、スポーツ】

  • 公園こうえんに くときは いている 時間じかんや 場所ばしょを えらびましょう
  • 筋力きんりょくトレーニングや ヨガは いえで 動画どうがを ながら やりましょう
  • ジョギングには すくない 人数にんずうで きましょう
  • ほかの ひとと すれちがう ときは 距離きょりを りましょう
  • ゆったりと たのしむには 予約よやくするのも いいです
  • せまい 部屋へやに ながい 時間じかん いるのは やめましょう
  • うたを うたう ときや、応援おうえんを する ときは、十分じゅうぶんな 距離きょりを るか オンラインに しましょう。

結婚式けっこんしきや 葬式そうしきなどの 親戚しんせきとの 行事ぎょうじ

  • たくさんの ひとと いっしょに 食事しょくじを することは やめましょう
  • ねつが ある ときや 風邪かぜの 症状しょうじょうが ある ときは かないで ください

はたらかたの あたらしい スタイル】

  • テレワークや ローテーション勤務きんむ順番じゅんばんを めて 出勤しゅっきんする こと)は おすすめです
  • 時差通勤じさつうきんいている 時間じかんに 通勤つうきんする こと)は ゆったりと して いいです
  • ひろいひろびろと した オフィスで はたきましょう
  • 会議かいぎは オンラインが いいです
  • 名刺交換めいしこうかんは オンラインが いいです
  • ひとに って わせを する ときは まどや とびらを けましょう。マスクを しましょう

一人ひとりひとりが 「あたらしい 生活様式せいかつようしき(スタイル)」を 毎日まいにちの 生活せいかつの なかで できるだけ おこなって コロナウイルスが はやるのを ふせぎましょう。

タイトルとURLをコピーしました