毎日のコロナウイルス感染予防策

新型コロナウイルスの感染予防には、「石鹸による手洗い/アルコールでの手指消毒」「混雑した場所を避ける」「健康的な食生活/睡眠」などといった、一般的な感染症対策の徹底が重要です。日常的な予防策として、政府・自治体・公的機関が挙げているものは、大まかに以下の3つに区分されます。

1. 手洗い/消毒/咳エチケット

(出処:首相官邸「感染症対策」

石鹸を使った手洗い

正しい手の洗い方で、手をしっかり洗いましょう

手をしっかり乾かしたあとで、手指用のアルコール消毒剤を使って、消毒しましょう。

咳エチケットの遵守

 咳・くしゃみが出たときは、そこにウイルスが含まれているかもしれません。他の人にウイルスを移さないために、「咳エチケット」をしっかり守りましょう。

  1. 咳・くしゃみの症状があるときはマスクをする
  2. 咳・くしゃみをするときは、口と鼻をマスク、マスクがない場合はティッシュ、服の袖などで覆う
  3. 咳・くしゃみをするときは、周りの人から顔を背ける

また、マスクの正しい着用方法を今一度確認しておきましょう。

  1. 鼻と口の両方を確実に覆う
  2. ゴムひもを耳にかける
  3. 隙間がないよう鼻まで覆う

2. “3密”を避ける

日常生活の中で、クラスター(集団)の発生を防止することを心がけましょう。具体的には、以下の3つの状況が重ならないように注意が必要です。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多くの人が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

これまでにコロナウイルスへの集団感染が確認された場として、具体的には

  • バー
  • ナイトクラブ
  • カラオケ
  • ライブハウス
  • スポーツジム
  • 地域の合唱団

などがあります。これらに限らず、人混みや、屋内で他人との距離を十分に開けられない場所を避けることが、自分だけではなく、他の人の感染リスクも下げることになります。

6/15更新:移動に関しても、感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控え、帰省や旅行もひかえめにしましょう。また発症した時のために誰とどこであったかを記録しておくことや、地域の感染状況に注意することなどの工夫も重要です。

3. 健康な食生活と睡眠

栄養バランスのとれた食事と、十分な睡眠をとる規則正しい生活は、体の免疫の維持に役立ちます。世界保健機関(WHO)は、毎日の食事では特に以下の点が大事であるとしています。

  • 新鮮な食品を食べる
  • 十分な量の水を飲む
  • 脂肪分は適量で
  • 塩や砂糖は控えめに
  • 外食を避ける(他人と接触する確率が下がるため)

手洗い/消毒、咳エチケット、混雑した場所を避けるといった感染症対策と併せて意識していきましょう。

6/11更新:緊急事態宣言が5月25日に解除されました。今後は、日常生活を再開していきながら、引き続きウイルス対策を行っていくことが重要です。日常生活の中に感染対策を取り入れるにはどうすれば良いのでしょうか。上記の基本的な感染対策に加え、厚生労働省が公布した「新しい生活様式」の実践例を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました